trois incense

column

003:匂いと想像力の実験

profile

庄子結香 Shoji Yuko

宮城県出身。絵とデザインのユニット「カレラ」のグラフィック・デザイナーとして、主に書籍デザインに携わる一方で、個人プロジェクトthe fictional mapで、ZINEの制作など好奇心の赴くままに活動(現在は充電中)。

匂いに形はあるでしょうか。記憶の中の匂いを思い出す時、あるいは夢の中で現実にない匂いを嗅いだ時、それを他の人に伝える時にあなたはどんな表現をするのでしょうか? 私はある日突然“匂いの形”を知りたいという欲求に取り憑かれました。

嗅覚の器官である「鼻」は顔の中で唯一常に開いている器官です。これは匂いが「生命に関わる重要な情報」であるということを意味しています。幼い頃からアレルギー性鼻炎持ちの私にとって「匂い」は未知の領域でしたが、2013年の秋、ある大学図書館で閲覧した18世紀のフランスの古書の匂いが気になり、それを調べるうちに匂い自体に興味を持ちました。生物にとって重要な器官である嗅覚を使った愉しみに耽溺して、最終的にそれを他の人と共有するためにワークショップをすることになりました。

このワークショップのヒントになった出来事があります。香料や香水など匂いを収集し始めるとそれを誰かに嗅いでほしくなりました。そのうちのひとりの友人がある匂いを嗅いで、すぐさま「宇宙人をつかまえて手術するためにおなかを開いた時の匂い」と言いました。私の中で“匂い”と“イメージ”と“フィクション”が結びついた瞬間でした。その宇宙人の匂いの正体はイソブチルキノリンという合成香料で、香水ではレザーノート(革のイメージ)に用いられています。それまでただぼんやりと匂いを嗅いで良い気分になっていた私は、この発見と興奮を形にしたいと思ったのです。

匂いから喚起される語彙の幅は人によって差があります。匂いを表現する時につい抽象的な形容詞)「甘い」「さわやか」など)を使いがちですが、ソムリエのように名詞(「濡れた子犬」や「暑い日のタイヤ」など)の表現を使うとより具体的で客観的な表現になり、その言葉が非現実的であったり、組み合わせが突飛だったりするほど奥行きが出てそこにフィクションのイメージが生まれます。また、「匂い」は記憶を喚起するため、かつて遭遇した人や場所など過去に向かいがちですが、匂いから想像したイメージを、経験を足がかりにさらに「経験したことがない」世界に飛ばすことも可能です。

物語を読む時、たとえばそれが昔話であっても私たちは言葉を媒介に「おじいさんとおばあさんが桃を拾った」世界をイメージ(想像力による経験)をすることができます。私が試みた実験は、言葉を匂いに置き換えたものでした。これを応用すれば、聴覚、味覚、触覚など、あらゆる感覚で物語を読むことができるのです。それは目を覚ましながら見る夢のようなものですが、これを言葉にすることで私たちは主観(経験)を共有することができます。生命にとって大事な器官である嗅覚を精神の遊びに使う後ろめたさを感じながら、それでも私は感覚の冒険をやめられないのです。


- - - - -
the fictional map presents
Lo-fi Nose Lab
嗅覚と想像力の実験室

音楽を聴くように、小説を読むように匂いを愉しむ
嗅覚と想像力の自動書記

嗅覚は即時にイメージを喚起する装置だ。
生命に関わる危険なサインを判別する高性能な器官は、
現代の平穏な日常の中で想像力を伴い暴走する。

嗅覚を媒介して発生したイメージの実験は、2016年から2018年まで、東京、京都、仙台、前橋などで行われた。
- - - - -

▶︎参考文献:「匂いの帝王 : 天才科学者ルカ・トゥリンが挑む嗅覚の謎」チャンドラー・バール 著/金子浩 訳(早川書房)

メイン写真:ワークショップで用意された10種類の匂いの入った瓶
下部写真:後日ワークショップで収集したイメージを冊子にして、それに添付した“宇宙人の匂い”(ワークショッップで使用したNo.4の匂い)

002:人が求める究極の香りとは

profile

岩佐一史 iwasa kazushi

株式会社一 代表取締役 合香師
4月18日(日本お香の日)誕生 香川県出身 龍谷大学仏教学科卒業 
古来より植物を調合し創り出すことを合香術(ごうこうし)と云います。
御香の香りに物語を添え、記憶の語り部となるような商品開発を目指しています。
講習履歴 France Japan Tours Festival・ヴィランドリー城・日本各寺院など

お線香とは、一般的にはお仏壇・お墓で仕様するという認識があり、あまり明るいイメージは無いかもしれません。
しかしその歴史はとても古いモノであり、古来は医香同源という言葉もあり医学と精通していました。
漢方薬の原料となるような和漢生薬を数種類調合して香りを生み出すことがお香だったのです。 
もちろん神仏に対するお供えの意味もありましたが、体に良い植物を調合した香りを鼻から吸引することにより、
あらゆる効果も期待していたそうです。
実際に中国の文献を見ると、寿命を伸ばす香・万病を治す香・天から光が差し神が降りてくる香・死者を甦らす香など、
現代では信じられないような効果効能がある御香があったそうです。
このような御香を文献上で調べたり、現代に合わせて開発したりという仕事をしているのですが、
常に思うことは、人類が共通して「良い」と感じる香りは何であろうかということです。

昔の人たちは、現代よりも香りに追求心がありました。
あらゆる記録・研究があるのですが、恐らく重要なキーワードは2つ
【脇】と【記憶】です。
中世ヨーロッパでは、女性が男性にプロポーズをする時に、リンゴを脇に挟んで汗を染み込ませて、
脇に匂いに染み込んだリンゴをプレゼントして想いを伝えていたそうです。
脇=フェロモンということですね。
古来より媚薬の代表的原料である麝香(麝香鹿の雄の生殖器周辺から得られる分泌物)の香りも
人の脇の香りに近いと云われています。
麝香は鎮静作用も強い為、日本では赤ん坊の夜泣きの薬や御香の原料としても使用されます。

もう一つが記憶です。 
フランスの作家マルセス・プルーストの「失われた時を求めて」の中で
香りにより幼少期を想い出す場面があり、このことから、
特定の匂いはそれに結びつく記憶や感情を呼び起こすことをプルースト効果と呼びます。
ホモ・サピエンスは鼻の構造上、香りと記憶は結びつきやすいのです。

私が御香の道を目指すきっかけとなったのは、伽羅という1g数万円とする特殊な木の樹脂の香りを聞いたことでした。
この世にこんな素晴らしい香りがあったのかと感動しました。
伽羅とは、仏教で使用する代表的な御香【沈香】の最上級品のことです。
古来より、天上と人とを結ぶ香り・至上、幽玄の香りとも云われるぐらい素晴らしい香りです。
沈香(伽羅)の香りこそ究極の香りなのかもしれません。

このような知られざる香りの世界を世に広めたいという想いから御香の研究を始めたのですが、
今になって思うと、私に色々なことを教えてくれた亡き祖父が常にお仏壇に良いお香を焚いたので、
その時の想いと記憶が結び付いたのかもしれません。

001:薫りと光と

profile

風間重美 emi kazama

trois incense店主。デザイナー・イラストレーター。東京下町で生まれ育ちましたが、縁があって出羽三山のお膝元山形県鶴岡市に移住して3年と半年。出羽三山の一つである月山の佛生池小屋に嫁ぎ、夏の間3ヶ月間は山の上で暮らしています。

はじめまして。コラム第一回目が店主となり恐縮ですが、ご挨拶を兼ねて書かせていただければ幸いです。
昨今の状況でステイホームという言葉が定着しましたが、私は今となっては山小屋の人間になりアクティブに見られがちですが、仕事を始めてからというもの日がな一日パソコンの前に座っています。現在も夏山期間外はそのような生活状況です。タバコは嗜まないので、日中はお香や精油を焚いて気分転換をしています。作業の始まりにはすっきりとした香りを焚き、食後のデザートがわりに甘い香り、心がざわつくときには清めのお香、気を緩めたいときにはキャンドルを灯し揺らぐ光を見つめます。デスクの上でできることですが、それだけでも随分と心に作用することがわかります。友人が訪ねてくるときには、玄関でお香を焚いて出迎えます。
ご縁を頂戴し、仏道の修行に入らせていただいた時期がありました。日々何気なく焚いたり仏壇に備えていたお香の大切さを目の当たりにし、深く考えるきっかけをいただいたように思えます。
日本各地の神社仏閣の集まる土地にはお香の専門店が多くありますが、出羽三山の麓にはそのようなお店がありません。いつかは路面店を開きたいと思いながら、まずはネットショップから始めることにしました。
今は少しづつとなっておりますが、心に響く香りや光をご紹介してゆければと思っております。
またこちらのコラムは今後、香りや光の先人に寄稿していただくページになります。楽しみにお待ちくださいませ。